他の熱源方式と比較したガス式床暖房のメリット

ガス式床暖房とは、ガスによって加熱したお湯を配管で床下に通し、その熱で床を温めるタイプの床暖房です。一切火を使わないので、火災の心配もなく、換気も必要ありません。また、風邪を使うこともないので、ほこりやごみを舞い上げたりすることもなく、安全です。さらに、電気ヒーター式の床暖房と比べて温度が高くなりにくく、また上がっても42度までしか上がらないため、低温やけどを起こす心配も一切ありません。さらに、必要な時だけガスを燃焼させ、温水も循環させて使うために、つけっぱなしにする必要のあるほかの暖房器具よりもずっと安く済みます。また、電気式の床暖房と比べて立ち上がりが早く、すぐに床と部屋を暖めることができます。このように、ガス式床暖房はほかの熱源方式と比べて非常に安全かつ経済的です。

床暖房の部屋の暖め方の仕組みや特徴

床暖房は、床を温めるだけではありません。部屋全体も一緒に温めてくれるのです。まず、配管を通って床の下へやってきた温水の熱が床を温めます。その床の熱によって温められて床近くの空気は、温度上昇によって軽くなり、部屋の上のほうへと上がっていきます。そして下へ押し下げられてきた冷たい空気がまた床の熱で温められ、上に上がっていきます。このような流れが続いて、部屋全体を温めてくれるのです。科学の世界では、このような現象のことを「対流」と呼びます。また、床が暖められることによって放出された遠赤外線は、直接当たった壁や天井を温めるだけでなく、壁や天井で反射して、体の芯から温めてくれます。よって、ほかの暖房器具とは違って室温が低くても、暖かい空気が十分に回るため、部屋全体で温かく感じることができます。

住宅のタイプによって異なる床暖房の設置

様々な会社から床暖房が発売されていますが、どの会社の商品でも、新築用とリフォーム用で分けて商品を販売しています。そのため、取り付ける際にはその製品が新築用なのかリフォーム用なのかを確認することが大切です。新築用のものは、仕上げ材の下に約60度の温水マットを敷いて、温水を循環させます。そのため、希望の建築形態に合わせた装置の設置が可能となっています。リフォーム用のものは大きく分けて二つあり、床を取り外してから新設するパターンと既存の床の上において仕上げ材でサンドするパターンです。床を一度取り外す場合は費用がかかるものの、様々な形態で設置できるため、好みの形でリフォームすることができます。対して、既存の床の上に設置するパターンは、床を取り外す場合よりも選べる仕上げ材のバリエーションは少ないものの、安価かつ迅速に設置することができます。