他の熱源方式とガス式床暖房の違い

寒い冬には、足元から温めてくれる床暖房が大変重宝しますね。特にキッチンやリビングなどは、普段の生活の中で長時間使用する場所ですから、暖かく快適に過ごしたいものです。足元から温めることで、身体全体の血流が良くなりますので、全身がポカポカと温かくなり健康のためにも良いですね。また、床暖房はエアコンと違って、空気の乾燥も少ないですし、ほこりが溜まりにくいので掃除が楽になるのも利点です。しかし、床暖房と言っても、電気式のものとガス式のもので様々な違いがあり、それぞれにメリット、デメリットがありますから、ご自身の家庭の都合に合わせて、ベストなものを選んで使用していけると良いですね。そこで今回は、他の熱源方式とガス式床暖房の違いをいくつかご紹介してみようと思います。

ガス式床暖房のメリットについて

床暖房の熱源には、大きく分けて電気式とガス式があります。この二つを比較して、まずガス式床暖房のメリットをご紹介します。電気式床暖房は、床下にパネルヒーターを埋め込んでいる型のものが多いのですが、これだとヒーターパネル周囲が暖まらず、温度ムラが生じることがあります。しかし、ガス式床暖房の場合には、ガスで温めた温水を使用しているので、比較的均一に暖まりますし、電源をつけてから温まるまでの時間も短いというメリットがあります。また、ガス式の場合、温度が上昇しにくいので、低温やけどをする危険性が少ないと言えるでしょう。光熱費の面では、複数の部屋に床暖房を設置する場合には、同一の熱源を利用するガス式では、1つの部屋で使用する場合と同じ価格で利用できますから、大変お得になります。

ガス式床暖房のデメリットについて

では次に、ガス式床暖房のデメリットですが、まず初期費用が高くなるということが挙げられるでしょう。ガス式床暖房は、電気式のものよりも複雑な構造になっているため、その分費用が高くなりますし、定期的にメンテナンスや部品の交換をする必要も出てきてしまいます。ただ、メリットのところでも触れましたが、もしも複数の部屋に床暖房を設置したいのであれば、毎月の支払いはかなり抑えることが可能になりますから、その点をよく計算した上で検討してみることをお勧めします。また、ガス式は、構造が複雑なだけに、施工の質にもムラがでやすいのもデメリットの一つでしょう。リフォームをする際にも、簡単には工事が出来なくなってしまいますから、その点を考慮することも必要です。以上のようなメリット、デメリットをしっかりと分かった上で、快適に床暖房を利用していけたらいいですね。