ガス式床暖房のランニングコスト

ガス式床暖房は床下にパイプを張り巡らせ、給湯器で沸かした温水を循環させて、部屋全体を暖める仕組みになっています。ストーブやファンヒーターのように室内で燃焼させるわけではないので、空気が汚れず換気の必要がありません。エアコンと違って下から暖めるため効率が良く、ホコリを舞い上げることもないため、子どもや高齢者のいる家庭でも安心です。運転開始直後は通常より高温の温水を流す機能があり、電気ヒーター式床暖房やオイルヒーターに比べるとパワフルで、冷たい部屋を素早く暖めることができます。通常運転時には温度が一定に保たれるため、低温やけどの心配もないという特徴があります。給湯器は特別に大きなサイズではないので、戸建住宅だけでなくマンションでも設置可能です。

電気温水式床暖房よりはコスト高

ガス式床暖房のランニングコストは、暖める部屋の数や広さによって大きく異なりますが、1か月あたりの目安としては10畳で約4600円となります。新しいタイプの給湯器を利用すれば、ガス代はもっと安くなる可能性があります。同じ10畳で比較すると、エアコンは約4300円、ガスファンヒーターは約4400円となり、ほとんど変わりません。電気ヒーター式床暖房は約7300円で、かなり高くつきます。ただし電気ヒーター式はガス式よりも工事が簡単で、初期コストが低いというメリットがあります。電気温水式床暖房は安価な深夜電力を利用して温水を沸かすため、ランニングコストは1か月あたり約3900円になります。その反面、初期コストはガス式床暖房に比べると倍近くかかるとされています。

ランニングコストを下げるために

エアコンや電気ヒーター式床暖房でも同じことが言えますが、ガス式床暖房は運転開始直後の冷たい部屋を暖めるとき、最も大量のエネルギーを消費します。暖まった部屋の温度を維持するだけなら、それほどガスを消費しません。ですからこまめにスイッチをオンオフすることは、かえってコストの無駄になります。短時間だけ部屋を離れるときは、スイッチを入れっぱなしにしておくほうがガス代を節約できます。都市ガス各社では毎月の使用量が多い場合や、特定のガス機器を導入した場合に、料金が割引になるプランを提供しています。どんなプランがあるのかチェックして、適当なものがあれば利用するのも、ランニングコストを抑える方法になります。ガスも完全自由化されるため、契約する会社の変更を考えても良いでしょう。

京葉ガスはお客様に安心感をお約束致します。一目でわかる料金案内やお客様サポートで安心と安全を ガスだけでなく電気も!電気料金がネットでわかる!!京葉ガスのでんき 毎日の生活が不安…ホームセキュリティーに加入したいというあなたへ京葉ガスホームセキュリティー!加入者様だけのプレミアムな特典も御座います ガス料金やお支払い方法、お客様のライフスタイルをサポートします!お得な料金メニューも! ガス温水床暖房で心地良い生活へ